Skip to content

会社案内

イオンチャネルは創薬の主要ターゲットの一つであると認識されています。しかし自動化されたパッチクランプでは、再現性の高いデータを取る事は難しいとい うケースが多々生じています。これは基礎研究で得た知識と応用科学のギャップから生じているものと考えられます。加速的に発展し続ける創薬活動において、 企業の求めている事は効率の良い機械と、直ぐに日々のスクリー二ングに応用できる実験手法を提供する事と考えます。

このようなサービスを提供するためには基礎科学を越えた創薬応用に重きをおいた、イオンチャネル生物学のよりよい理解を得る必要があります。このような努力は再現性のある効率の良いハイスループットスクリーニングのアッセイ系を構築するために不可欠と考えます。
Ion Chat Researchは20年以上のIon Channel基礎研究の経験と、アメリカの受託研究機関ChanTestでのStudy Director,Assay Developmentの経験を活かし、イオンチャネル創薬活動に欠かせない応用科学の促進、再現性の高いスクリーニング法開発を提供します。

よろしくお願い申し上げます。

齋藤 光義、代表

Ion Chat Research Corporation

Welcome!

Ion channels have been shown to be one of the major objectives for therapeutic targets; however, various technical difficulties have hampered its development. The introduction of Automated Patch Clamp technology has provided scientists with great hope of overcoming these challenges but is still difficult to establish ideal conditions to acquire reliable data.

In order to surpass these obstacles, we need to attain a better understanding of ion channel biology. Without it, we will not be able to achieve high throughput screening in this field. I am looking to fill this gap by deepening the understanding of ion channel biology in order to develop more reliable screening methods and advancing ion channel drug discovery.

Thank you.

Mitsuyoshi Luke Saito, CEO

Ion Chat Research Corporation